僕が税理士になった理由(後編)

税理士になるまで

サラリーマン人生

新卒で入った会社を辞めると両親に告げたのは、
辞める1週間前でした。

税理士になるために、2年間は無職で勉強する、
そうも告げました。

私の中では、当然にして応援してくれるもの、
そう思っていました。


ところが・・・

明け方まで家で勉強すれば、
→ 電気代がもったいないから、早く寝ろ。

日中、外に出ようとすると、
→ 近所の人に見られるから、家にいろ。

親戚が集まる席では、
→ 会社を辞めたと絶対言うな。

クレームの嵐です。

自分で飲食店を経営し苦労している両親にとっては、

サラリーマン=安定

そう思い、そのレールを一生走って欲しかったようです。

両親を助けるような仕事をしたいと思った私の行為は、
両親にとって裏切りだったようです

だったら、早く結果を出して安心させなければ。
そう思い、決めました。

1.絶対に2年で合格する。
合格までの平均は4~5年程度。

2.無職であっても、家にはお金を入れ続ける。
そのためには、バイトもする。

3.会社員よりも早く家を出て、自習室で勉強する。
仕事時間以上に勉強する。

簿記知識はゼロでしたが、3年間猛勉強で税理士試験に合格。
「1.」だけ達成できませんでしたが。

そして、国内最大規模の税理士法人で様々な業務経験を積んで、
開業するに至りました。

これからの目標

私は、非常に幸福、幸運な人間だと思っています。

自分のやりたい仕事、誇りを持てる仕事に就くことができ、
周囲の方々の応援もあって開業することできました。

税理士という職業は、私の両親のような仕事に真面目に
取り組む人をサポート
することができます。

そして、時にはお客様から感謝される事もある素晴らしい
職業だと思っています。


しかし、世間での税理士のイメージはイマイチ

私の恩師である本郷孔洋先生が言った
印象に残る言葉があります。

『 税理士が主人公のドラマを見たことがない。』

確かにその通りかもしれません。

弁護士が主役のドラマは多くあります。

でも、ドラマや映画に出てくる税理士は、うだつの上がらない
メガネをかけた人、ひどい場合は、脱税指南役でしょうか。

世間的には、ぱっとしないイメージかもしれませんが、
私自身は少しでも業界のイメージを向上させたい。

そう思っています。


今の私には、2つの目標があります。

ひとつは、両親のような真面目に仕事に取り組む人を
サポートし続ける、ということ。

もうひとつは、税理士がドラマの主人公になる時代がくるように
業界のイメージをアップさせたい、という大きな目標です。

2つの目標の達成状況は、まだまだです。

それでも、微力ではありますが、そんな時代が来るよう、
一人でも多くの中小企業経営者をサポートしたい、
そう思い、今日も明日も東奔西走しています。

長い文章でしたが、最後までご覧頂き、ありがとうございます。

おわり。

【無料相談】お急ぎの方は、今すぐお電話を!03-6302-3063

▲ このページの先頭に戻る

新宿の税理士ツッチーのブログ

Facebookもやってます。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分
「いちばんわかりやすい確定申告の書き方
平成29年3月15日締切分」

(ダイヤモンド社)

税理士ツチヤの相続事件簿
「税理士ツチヤの相続事件簿 」
(星雲社)

小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい!
アマゾンランキング税金部門第1位獲得!
「小さな会社は『決算だけ』
税理士に頼みなさい!」

(ダイヤモンド社)

社長が知っておきたいお金の実務
「社長が知っておきたいお金の実務」
(実務教育出版・監修)

いちばんわかりやすい確定申告の書き方
「いちばんわかりやすい確定申告の書き方」
(ダイヤモンド社)