僕が税理士になった理由(中編)

税理士を目指すまで

私はアラスカで誕生し、3歳の時に日本に来て、
東京の世田谷区で育ちました。

お好み焼き屋

私の両親は、日本に帰国後、夢だった飲食店を新宿で開きました。

「つちや」 という名のお好み焼き屋で、
開店して現在35年目をむかえます。

http://r.gnavi.co.jp/b048800/

飲食店ですから、当然土日も仕事。

夏休み、正月もほとんど休みなく働いていました。

私自身も子供の頃、家族で遊園地、旅行に行った、
そんな記憶はほとんどありません。

をかなえ懸命に働く両親とは異なり、私自身は
子供の頃からずっと何をしたいのか分からずに
いつも満たされない気分でした。


学生時代を知る人の私のイメージは・・・

 『 いつも不機嫌そうな冷めた人 』

正直、そんな感じだと思います(笑)。


そんな感じだった上に、就職活動中は、
就職氷河期と言われた就職難の時代。

何がやりたいのかも分からず、漠然とサラリーマンを
一生続けることはないだろうなぁ。

そう思っていました。

そして、20社以上の面接に落とされ続け、
就職した会社でも目標を見いだせず・・・

今思えば、その会社で学んだ事が大きく活きていますが。


そんな時に、ふと思い出したのが実家を毎月訪問していた
税理士の先生の存在です。

真面目にコツコツと働き、30年以上も飲食店を続けてきた
両親ですが、帳簿整理は大の苦手。

そんな両親をサポートしていたのが、税理士の先生でした。

子供の私からすれば、親はヒーロー。

子供の私には、そんな親を親切に指導する税理士の先生は、
凄い人、偉い人でした。

そして、大人になった私には・・・


両親のような真面目に仕事に取り組む経営者のサポーター。


私のやりたい事が分かった瞬間でした。

親の背中を見て育ったこともあり、

両親(のような真面目に仕事に取り組む人)の手助けができる、
そんな仕事をしたかったのです。

そこからの決断は早く、すぐに新卒で入った会社を
辞めることにしました。

そして、両親には会社を辞める1週間前、そう告げました。

▲ 後編へ続く

【無料相談】お急ぎの方は、今すぐお電話を!03-6302-3063

▲ このページの先頭に戻る

新宿の税理士ツッチーのブログ

Facebookもやってます。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方平成29年3月15日締切分
「いちばんわかりやすい確定申告の書き方
平成29年3月15日締切分」

(ダイヤモンド社)

税理士ツチヤの相続事件簿
「税理士ツチヤの相続事件簿 」
(星雲社)

小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい!
アマゾンランキング税金部門第1位獲得!
「小さな会社は『決算だけ』
税理士に頼みなさい!」

(ダイヤモンド社)

社長が知っておきたいお金の実務
「社長が知っておきたいお金の実務」
(実務教育出版・監修)

いちばんわかりやすい確定申告の書き方
「いちばんわかりやすい確定申告の書き方」
(ダイヤモンド社)